乾燥し切った肌にSaiki

寒暖差が激しいここ数日、いかがお過ごしでしょうか。
自分は夏の間のエアコン生活と乾燥肌なのに保湿力が低い物や
グリセリンフリー気味のスキンケアを続けた事により
しっかりと乾燥性敏感肌に傾きました。
ただいまヘパリン類似物質配合医薬品(Saiki乳液)を用いて治療中です。

関連記事:使用3ヶ月経過 トゥヴェール ホワイトクリームII - 揚げ鳥コーヒー

トゥヴェールホワイトクリームのレビューを書いて間もなく、
全体的な乾燥が気になっていたため、
おうちdeエステ(緑)の使用を中断し、
グリセリン配合しっとりめの保湿乳液を足して3週間、効果なし。
上記クリームの保湿効果を見極めたいあまりに
乾燥に危機感を持ちつつも粘りすぎましたね。
角層細胞が十分に育たないままターンオーバーしている
(=バリア機能が低下している)のが明らかなのに
そこから化粧品でどうにかしようとするのが間違いでした。

……そもそも自分は昔から普通のスキンケアをしていても
ちょくちょく乾燥で悩んでいた身でもありました。
自分がグリセリンフリーの利点を得つつ保湿も得るためには
1品医薬品を足すのが安定なのかもしれません。

過去に使った医薬品

単体で使っても効果があったのがSaikiローション・乳液、イハダ乳液。
この3つはスキンケアで感じたい潤いの実感が得られるので
乾燥したら都度塗るというのが習慣付けられ、
改善が比較的早く得られました。

SaikiのExクリームはグリセリンフリーなので潤う感覚はありません。
乾燥し切った肌で更にグリセリン控えめスキンケア後では
手応えも薄いですし、1本使ってみても
グリセリンが配合されている物より効果は感じられませんでした。
(普段普通のグリセリン系スキンケアをしている人が
普段のスキンケアでは何かが足りないという時に足すには
グリセリン過多にならずに良いのでは?と思います)

gskのHPクリームは潤い実感はほどほど。
ちゃんと保湿力が欲しい時に何となく使える保湿力はあり、
「すごい潤う!」という感覚こそないものの、
クリームが肌に馴染んで肌質感自体も柔らかくはなります。
ただ1本半使い切った後でも何となく肌表面が微妙に満足しないと言うか、
BAさんのお手入れを受けた際にも
「肌表面は乾燥しているけれど、柔らかくて手入れはされてる肌」
という様な言葉を頂いたので、
自分の場合はグリセリン系クリーム類の後に使ったり
後からバームで油分を与えた方が無難だったのかもしれません。