トゥヴェール ナノエマルジョン

使い始めて1週間ほどでも
なかなか手応えがあったので記事にしました。

www.tvert.jp

  • 水みたいにサラサラ
  • 化粧水に溶かして使う事もできる
  • 使用感にクセほぼなし
  • グリセリン入り

全成分
水、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)(浸透湿潤セラミド、保湿)、グリセリン(保湿)、BG(保湿)、DPG(保湿)、ペンチレングリコール(保湿)、水添レシチン(乳化)、乳酸桿菌/ワサビ根発酵エキス(保湿)、ラウリン酸ポリグリセリル-10(乳化)、PCA-Na(保湿)、セラミド3(保湿)、PCA(保湿)、アルギニン(保湿)、アスパラギン酸(保湿)、グリシン(保湿)、アラニン(保湿)、セリン(保湿)、バリン(保湿)、イソロイシン(保湿)、トレオニン(保湿)、プロリン(保湿)、ヒスチジン(保湿)、フェニルアラニン(保湿)、異性化糖(保湿)、ローズマリー葉エキス(保湿)、ポリクオタニウムー51(保湿)、乳酸桿菌発酵液(保湿)、フェノキシエタノール(防腐)、乳酸Na(保湿)
高濃度アミノ酸原液ーアミノ酸エッセンス

  • 起床時の乾燥が幾分軽くなっている
  • 内側からの潤いが繋ぎとめられている実感がある

まず起床時、全品グリセリン配合品を使い、
乾燥治療薬の上にイハダのバームを塗っても
起床時には早くスキンケアしたいと思うくらい乾燥しがちでした。
粉はふいてないけれど、手触りはカサカサ。
それが起床時のカサつきこそ多少あっても
即スキンケアしたいと思う程の乾燥は感じなくなっています。

次に潤いが繋ぎとめられてる実感について。
肌内側の水分が抜けて行く様な乾燥が緩和してます。
適切な保湿をしてもじわじわ内側が目減りし続ける、
まさに乾燥保湿のいたちごっこなあの感じ、
デパ系だとモイリポやクレド、ゲランのスーパーアクア、
中価格帯だとジュレリッチが良い感じに安定するんですが、
それ以下の価格帯でここまで安定感ある物はなかなか無い様に思います。
(勿論中価格帯以下製品を網羅したわけではありません。
また、ナノエマルジョンがこれらと同程度の効果という意味でもありません。
あくまできもちんと内側の潤いが持続する物として)
現状、とにかく乾燥に揺らぎやすい状況なので
治療薬とナノエマルジョン併用での安定を期待したいですね。

便利で使いやすい

以前、同じく擬似セラミド配合の
ディープトリートメントオイルを使っていましたが、
今回は使い勝手優先でナノエマルジョンを選択。
どちらの効果が高いかは使用コンディションが異なるので言及なしとして、
扱いやすいのは圧倒的にナノエマルジョン。
さらっと広がり、塗ってもベタつきません。
そしてこちら、化粧水に溶かして使えるのが利点。
混ぜればスキンケアステップを煩雑にせず効果が得られます。
もちろん単体で追い付けも効果的。

今の使い方は濃度適当で化粧水に混ぜ
(既にトゥヴェールのアミノ酸エッセンス配合済の化粧水)
化粧水を塗り終わった後に単体で目元と口元に追い付け。
後は普段のスキンケアです。