揚げ鳥コーヒー

コスメの話と試行錯誤なスキンケア

グリセリンフリーの美白とエイジングケア対策 基礎化粧品自作のすすめ

グリセリンフリー最中の乾燥に続く悩み、それは諸々の美容ケアに無対策になる事。
使いたいあれもこれもグリセリン入りで選べない、使えない。
探す手間より作るが早い!これはもう自作しかない!

という事で無い物は作りましょう自作のすすめ。

もくじ

自作基礎の長所と短所

長所

  • 使いたい成分を心おきなく好きなだけ投入できる。
  • 使いたくない成分を徹底的に避けられる。
  • 高級コスメスペック品が数百円~数千円で作れる。
  • ある程度使いやすい質感に改造できる。化粧水にとろみをつけるのも簡単。

成分は「ただ塗るだけでも効く」系で効果を感じやすく、
手作りに向く物を適所適材で扱えば効果的かつなかなか経済的。

短所

  • 出来るのは買った成分を混ぜる事だけ
  • 効率的に効かせる処方・使い心地・低刺激性・香りにはこだわれない
  • 複雑処方は無理!

ナノ化や成分の特殊な処方は
最初からそういう風に処理されてる成分を買って混ぜる事でしか使えません。
何十種類もの美容成分が配合された基礎も自作だと高上がり。
市販品の様な研究された使い心地のよさや安全性を追求するのも無理。

最初は原液系美容液を毎回足す所からでも

自作と言いつつも「自作って道具いるし何か億劫だし」なら、
最初は美容液を使うみたいに原液を足すスキンケアがお手軽。

お勧めはトゥヴェールやチューンメーカーズ。
トゥヴェールは質が良い。
チューンメーカーズは実店舗で買いやすくて種類が豊富。

自分はここから「もしかして手作り化粧品って、作り置き出来るだけの事?」
「ついでに選べる美容成分も増えるよね」と手作り化粧品に移行しました。

自作化粧品 こうすれば簡単

市販の化粧品を使ってベースと防腐剤問題はスルー

市販の化粧品をベースに使うとコストこそ少しかかっても、
防腐剤・精製水諸々買ったり計らなくて良くて楽!そして安定してます。
顔も体もたっぷり化粧水を使う方ならば精製水に防腐剤加えて使うのが経済的ではあります。

※オイルとさらさら水状化粧水でのみ手作りしているので
他の質感の物や乳液・クリームに関してはわかりません。

濃度・gを計量スプーンで何杯かメモしておく

手作り系となると計りが必要では?と思われがちですが、
計量ツールに対するだいたいの量が分かれば計りいらずです。
例えばパンテノールはピーチピッグさんに小さじ1杯が3~4gと書いてあるので、
3%くらいの化粧水が作りたい時は小さじスプーン1個あればOK。

詰め替え容器の洗浄とツールの消毒

化粧水容器はボトルに入るサイズに切ったスポンジを中に入れ、
割り箸などで動かして洗ってます。
消毒は消毒用アルコールを満遍なくふきつけて自然乾燥。
今すぐ作りたい時はドライヤーでささっと乾燥。

化粧水の 簡単!適当!調合法

「このくらいで!」という適当計量でもOKなら。

必要な物と前準備

  • ねじキャップ式などのドレッシングボトルを調達
  • 100mlの水を入れて水位の目印をつけておく

ボトルは蜂蜜ボトルみたいな物や、とんがりキャップタイプ。
容量の目盛りがついてない物を使ったので、油性ペンで目印をつけました。
(ボディ用化粧水をこれで作りました。目盛りは洗うと余裕で消えて来ます)

作成

  1. 化粧水や計量スプーンですくった原末などを直接入れていく。
  2. 化粧水と材料を全部入れたら蓋して振っておしまい。

※成分によっては混ぜる順番を変える必要があったり、
攪拌時に激しく振ると劣化を招く成分(APPS)などもありますので
向き不向きがあります。

調合道具

必要 化粧水などを入れる容器

www.muji.net
中身の出しやすさを優先してソフト素材のポリエチレンタイプを使っています。
キャップの蝶番が壊れやすいらしい……。自分が使っているのは100mlと50ml。

必要 計量カップ

成分を足した分だけかさが増すので、
足したい物が多い場合は少し上のサイズがおすすめ。

自分はあれこれ足してるせいで完成量が20mlくらい多くなる事もしばしば。
計量カップ内で混ぜても溢れないように200mlカップにサイズアップしました。

必要 計量スプーン

「計量スプーンで何gかをメモしておく」で書いたとおりに、
スケールで計らずにスプーンだけでも何とかなります。
原料販売店さんの説明で何%が小さじ幾つと書いてある時はそれを参考に。
大雑把でもいい成分ならスーパーのキッチンツール売り場にある様な物で、
更に目分量で適当に足したり引いたりも。

自分はこの二つを使っています。

  • 1 SPOON=1ml(これだけ個体差で1.25ml化してました)
  • 1/2 SPOON=0.5ml
  • 1/4 SPOON=0.25ml
  • 1/10 SPOON=0.1ml

買ったは良いものの、今は出番がなくてマドラーになってます。
確か使ったのは一番最初にハトムギエキスを量った時だけ。
原液類をほんの少量ずつ使う時にはまたお世話になるかも。

  • 大さじ1 15ml
  • 小さじ1 5ml
  • 小さじ1/2 2.5ml
  • 小さじ1/4 1.25ml

元々キッチンツールとして使っていた物なので買い足した訳ではありませんが、
こちらは全部ちゃんと正確。水平に置いて安定する形が液体を量るのにも向きます。
柄とスプーンの繋ぎ目に粉が入り込むのが難と言えば難。

あれば使える&成分によっては必要 最小単位0.1gのスケール

原料屋さんに小さじ幾つで何gかなど注釈が無いのは自分で量るしかありません。
0.1gからが推奨濃度の成分(シムホワイトなど)もあるので最小単位は0.1g推奨。

材料屋さん

トゥヴェール

VC、セラミドアミノ酸フラーレン、プロテオグリカンなどはトゥヴェール派。
化粧品材料屋さんは製造元から買った成分を
個人向けに小分けして販売しているお店なので、
劣化や取扱環境を考えるとトゥヴェールで買える物はトゥヴェール派です。

ビタミンC誘導体とセラミド、ミネラルファンデーションのトゥヴェール

オレンジフラワー

レシピブックでお世話になっているオレンジフラワーさん。
実は利用した事はないのですが、
他で扱ってない成分が必要になったらこちらも利用してみたい。
www.orangeflower.jp

ピーチピッグ

自分が欲しい物は一通り揃ってるので利用しています。
www.natural-goods.com

チューンメーカーズ

原液から足してみる!ならこちらが買いやすくて良いかと思います。
通販利用せずにそれっぽい原液が色々選べるのはとても便利。
www.tunemakers.net

成分を買う前にチェックする事

  • 成分が溶ける条件
  • 使いたい成分と相性の悪い成分がないか
  • 遣いたい成分と相性が良い成分がないか(相乗効果が得られる)
  • 保存環境・条件(変質させないために)
  • 作りたい基礎の作り方とベースに必要なもの。

全部販売店さんの成分ページに書いてあるので確認は簡単です。

おすすめ解説

作り方や成分の取扱いにはオレンジフラワー

www.orange-flower.jp
オレンジフラワーさんのレシピブックがおすすめ。
他の化粧品材料店だと「こうしてください」で終わる説明も
何故そうするのか、どう保存するのが成分を活かせるかなどが
丁寧かつ分かりやすく説明されています。

有効成分選びに1 資生堂の成分解説

www.shiseidogroup.jp

有効成分選びに2 肌のクリニックのブログ

アレはどうなの?これはどうなの?という疑問にはこちら。
自分は肌のクリニックさんと化粧品関係の本を参考に作っています。

koenji.clinic
nikibi.koenji.clinic