揚げ鳥コーヒー

コスメの話。グリセリンフリー&フリー気味スキンケア実践中。

トゥヴェール 使用期限メモ

ビタミンC誘導体とセラミド、ミネラルファンデーションのトゥヴェール
毎回1つずつチェックするのが面倒な自分用まとめ。

レシピはこちら:トゥヴェール 化粧水レシピ - 揚げ鳥コーヒー

原液・原末

パウダー 推奨濃度 保存期間
クリスタルパウダー 0.5~1%(最大2%) 室温保存(未開封6ヶ月、開封後4ヶ月)
冷蔵保存(未開封9ヶ月、開封後5ヶ月)
冷凍保存(未開封1年、開封後7ヶ月)
※未開封品は冷凍保存推奨
ホワイトパウダー 2%~5%(最大7%) 室温保存(未開封1年、開封後1年)
AP100 2.5~5%(最大5%) 室温保存(未開封1年、開封後1年)
パワーモイスチャー 0.1%(最大0.2%) 室温保存(未開封1年、開封後7ヶ月)
※吸湿性が強いので、
必ずフタを閉めて保存してください。
ビタミンEパウダー 0.7~1.4(最大1.4%) 室温保存(未開封1年、開封後8ヶ月)
原液 推奨濃度 保存期間
吸着型
ヒアルロン酸原液
HR-Z
10%(最大20%) 室温保存(未開封1年、開封後6ヶ月)
3Dヒアルロン酸 6%(最大10%) 室温保存(未開封1年、開封後6ヶ月)
プロテオグリカン原液 1%(最大10%) 室温保存(未開封1年、開封後4ヶ月)
アミノ酸エッセンス 3%~5%(最大5%) 室温保存(未開封1年、開封後1年)
リペアエッセンス 3%~5%(最大10%) 室温保存(未開封1年、開封後7ヶ月)
水溶性フラーレン 3%(最大10%) 室温保存(未開封1年、開封後4ヶ月)

オイル

VCH100 冷蔵保存(未開封1年、開封後1年)
ディープトリートメントオイル 室温保存(未開封1年、開封後7ヶ月)
アルガンオイル脱臭タイプ 室温保存(未開封3年、開封後1年)

化粧水

スキンピーリングローション 室温保存(未開封1年、開封後6ヶ月)
薬用ホワイトニングローションα EX 室温保存(未開封1年、開封後3ヶ月)
エッセンスローション 室温保存(未開封1年、開封後4ヶ月)
薬用モイスチャーローション 室温保存(未開封1年、開封後4ヶ月)

美容液

クリスタルエッセンス 室温保存(未開封1年、調剤後は冷蔵保存2ヶ月)
※1カ月を目安にお使い頂くことをお勧め致します。
アクアナノライズジェル 開封(冷蔵保存9ヶ月)
開封後(室温保存[夏期要冷蔵]3ヶ月)
開封品は冷蔵保存推奨
ブライトニングセラム 室温保存(未開封1年、開封後6ヶ月)

乳液・クリーム・オールインワンジェル

エッセンスセレクトゲル 室温保存(未開封1年、開封後6ヶ月)
ノエマルジョン 室温保存(未開封1年、開封後6ヶ月)
セラミドミルク 室温保存(未開封1年、開封後6ヶ月)
フェイスクリーム
パワーアクティブ
室温保存(未開封1年、開封後4ヶ月)
ホワイトクリームII
エクストラリッチ
開封(冷蔵保存9ヶ月) 
開封後(室温保存[夏期要冷蔵]3ヶ月半) 
開封品は冷蔵保存がおすすめ
ザ・アイクリーム 室温保存(未開封1年、開封後4ヶ月)

補足 セラミド表示名と配合品

化粧品に配合されやすいのは旧名で言う1・2・3・6II・9と擬似セラミド
セラミドは複数種類のセラミドを使った方がよりバリア機能などの改善効果が望めます。

旧表示名 現在の表示名 配合製品
セラミド1 セラミドEOP エッセンスセレクトゲル
セラミドミルク
リペアエッセンス
アクアナノライズジェル2
セラミド2 セラミドNS
もしくは
セラミドNG
セラミドミルク
フェイスクリームパワーアクティブ
セラミド3 セラミドNP エッセンスセレクトゲル
セラミドミルク
ノエマルジョン
リペアエッセンス
フェイスクリームパワーアクティブ
アクアナノライズジェル2
セラミド5 セラミドAS セラミドミルク
セラミド6II セラミドAP エッセンスセレクトゲル
セラミドミルク
リペアエッセンス
フェイスクリームパワーアクティブ
アクアナノライズジェル2
擬似 - クリスタルエッセンス
ノエマルジョン
ディープトリートメントオイル
等(他省略)

セラミドの種類について

ヒト型セラミド:バイオセラミド・ヒト型セラミド・天然型セラミド

人間の皮膚のセラミドとほぼ同じ構造を持ち、
バリア機能・保湿効果、肌への親和性が高く、
水には溶け難い成分(油溶性)で高価(中でも1と9)でもあります。

セラミドを謳う製品は非常に多いので、
それがヒト型かどうかを確認するには成分表を見るのが確実です。
ヒト型であればセラミド1~またはセラミドEOP等と表記されています。
高価な成分なのでプチプラ化粧品に配合される事は少なく、
配合されていてもごく微量というケースが少なくない様です。

www.kobayashi.co.jp
こういった研究結果も出ています。基礎化粧品を選ぶ際の参考になるかも知れません。

浸透湿潤セラミド・擬似セラミド

  • ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド
  • ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

など。

浸透湿潤セラミド等と呼ばれる、花王や味の素が開発した成分で、
天然(セラミド1~など)セラミドに似た構造と働きを持ちます。
配合化粧品はキュレルなど。安価ながら、保水力・浸透力に優れた成分です。

非ヒト型セラミド:植物性セラミド・動物性セラミド・天然セラミド

など。

セラミド、こんにゃく、桃由来、馬由来など様々な種類があります。
ヒトの肌のセラミドとは構造が大きく異なり、働きもそれぞれ異なります。

配合化粧品はプチプラから多く、
セラミドケアを押すアルージェに配合されているセラミド
ビオセラミドセレブロシド、非ヒト型です。