揚げ鳥コーヒー

コスメの話。グリセリンフリー&フリー気味スキンケア実践中。

基礎こまごま感想1 クレンジング&洗顔

こまごま感想その1。クレンジング&洗顔編。
個別に書いて置きたいような、でもそうするには短すぎるような物、
別に今使ってる訳でもないしなぁと燻ってる物の紹介記事。
過去に別のエントリーで触れたものもあります。
洗顔、フェイスケア、ボディの3つに分けて投稿して行く予定。あくまで予定。

ビオレ ピュアスキンクレンズ

www.kao.co.jp

  • 肌には優しくない。
  • 1回のみクレンジングで馴染ませ短時間&W洗顔なし厳守。でないと荒れる
  • メイク落ち良好
  • 乾燥は感じない
  • W洗顔なしでもOKのスッキリサッパリの後肌

落ちと使い心地は非常に良いが、
2回クレンジングしたり念入りに馴染ませると一発で荒れる。
1度目のクレンジング(メイクは全部落ち切っている)後、
ふと「これでもう一度洗ったらどのくらいスッキリするかな」と思って
全顔を再クレンジング(1回目より短い時間)したら、
左頬骨付近が植物エキスで荒れた時みたいにヒリついて半日は地味に痛かった。
確かにあれだけ一瞬で落とし切る性能考えたら無理もないか。

と、そんな刺激の強さを理解しててもそこはズボラ、
利便性を優先し、1回短時間使用を肝に銘じて2本目を使用中。
でも流石に次は他を当たりたい。

蜂乳クリーム石鹸

honyu.co.jp

ピュアスキンクレンズを一旦休んで使用中。3回くらいしか使ってません。
以前一本だけ洗顔料として使った経験はありますが、メイク落しとしては初。
どんな製品かは元宝塚の方の動画をどうぞ。
www.youtube.com
現時点で、洗顔行程が顔の触りすぎに感じられる事以外は普通に良いかな。
特に刺激や乾燥が気になる事もありません。
スポット的に使う分には何ら不都合は感じない程度の段階ですね。

とりあえず今回一番の収穫は
「メイクも落せる洗顔料」の存在を思い出せた事。
体用WP日焼け止めや石けんで落せるはずのパウダー類を落すのは勿論、
旅行にも1つあれば便利そう。
蜂乳以外にも目を向けて挑戦したいかも知れない。

2019.03/18追記:蜂乳クリーム石けんが肌に合わなかった

メイク落しとしての使い方では皮膚の薄い箇所がヒリつく。
予め泡立てて使うのでも若干キツい。
と言う事でボディの日焼け止め落し用にしました。

クラシエ ラメランスオイルクレンジング

www.lamellance.jp

  • W洗顔不要(ただし、結構しつこいぬるつきが残る)
  • メイク落ちは普通。普通のメイクならまずまず落ちる。
  • 肌荒れなどは一切しない。
  • 乾燥はしない。

こちらはビオレと違って全く荒れない&荒れる兆しもなし。
しかし、ぬるつきがかなり残るので、W洗顔なしを貫くには我慢が要る。
肌ダメージが低そうなプチプラオイルを選ぶならありかもしれない。

ダヴ ビューティークリームバー ホワイト

www.dove.com

  • 香り若干強め。泡立ち中くらい
  • 洗顔のみ使用で1個が1月半近く持った
  • 中性。洗浄力は強くないが落ちてないとは感じない(乾燥肌)
  • 洗顔、クレンジング後のW洗顔等、乾燥を極力避けたい時に最適

乾燥性敏感肌になった時に使い始めた(何年ぶりかに戻って来た)物。
超乾燥肌あるある、洗顔後に肌から水分が秒で抜けていくあの危機感がない。
乾燥しない洗顔料というのを正しく経験した事がなかったので
ダヴバーで初めて「あぁこれが乾燥しないという事か」と実感出来ました。
こちらは一応ちゃんと落ちてると感じられる洗浄力がありながら、
後付け感見え見えの潤いではないのが快適です。
乾燥しない(&安い)洗顔料探してる人がいたら是非ダヴバー。
自分は汚れ落ちに不満はありませんが、
週1くらいでビオレのおうちdeエステを小鼻とアゴ下には使っています。

「石鹸ではありません」の宣伝文句は実際規格が石鹸とは違うため。
石鹸の規格は弱アルカリでダヴバーは中性。
でも人と話すときは「ダヴの石けん」って言っちゃう。
Doveサイトにはホワイトの紹介がありませんが、
ホワイトとセンシティブマイルドの2種類があります。
相変わらず近所では取り扱いが無いのでヨドバシで買いました。

資生堂 オイデルミンN

www.shiseido.co.jp
フェイスケアの方に書いた方が良いかもしれないけど
専ら落す方として使っていたのでこちらに。
今更説明する必要もないこの製品。本当の意味で何本使ったか分からない。
しかし取り扱いドラストが近所から無くなったので随分ご無沙汰。

ごく軽い、日焼け止めとフェイスパウダーみたいなメイクならほぼこれで落ちる。
帰宅後のプレメイク落としや朝洗顔の代わり等にも使っていた。
他に上位互換プチプラがある中でこれを選んでた理由は
サッパリ不快感が無い使用感と必要な性能に対する価格バランス。
上でプレメイク落としと書いている様に後からメイク落しを使ったり
化粧直しの一環として使う際には落し切る必要がないので、
性能70~80%で使用感が良い方を選んでいた。サッパリ。

そんな感じでよく使っていましたが、お勧めかというと……。
自分も流石に割引き無しの価格だと競合が多すぎて買わないですね。
税込み378円(元・近所店舗価格)は偉大だった。