揚げ鳥コーヒー

コスメの話と試行錯誤なスキンケア

揚げ鳥備忘録:グリセリンフリー品まとめ
説明:揚げ鳥備忘録について

  • 「揚げ鳥備忘録とは」
    このブログにあったグリセリンフリー品リストを独立させたウェブサイトです。
  • リンク先の揚げ鳥備忘録でもグーグルアナリティクス・グーグルアドセンスは利用していません。
  • Amazon、楽天のアフィリエイトは利用しています。詳しくは揚げ鳥備忘録のプライバシーポリシ―をご覧ください。

ちふれボラージクリームは何かと万能

コスメフリークお馴染みボラージクリーム。
10月は季節の変り目対策として、今月は荒れた肌の沈静に。

肌荒れの原因は洗顔を変えた事。
ズボラしてメンズビオレの全身オールインワン洗浄料(ONE)で洗顔する日々を過ごしてたら、
洗顔後の肌が油分が少しもないぱさぱさ肌になりました。その手触り、紙、paper。
先月末頃までちゃんと保ってた肌が10日で終了。
あと数日続けてたら乾燥性敏感肌になっていたのは確実。
新しいクリームを使う事もなく、
大人しく治療薬(ヒルメナイド)とボラージでスキンケアをしてる最近です。

www.chifure.co.jp

  • 柔らかくて伸びがよい
  • 香りは青臭い。バナナともカメムシとも言われる。
  • 塗ってもベタベタせずにしっとりさらっと。
  • グリセリン入り
  • ボラージオイル3%配合
    ボラージオイルは抗炎症効果があるγリノレン酸が豊富なオイル。

グリセリン入りのわりに顔が真っ赤にはなりません。
油分一辺倒でない柔らかめのクリームなので、
単体でもある程度は水分を伴った柔軟性が得られます。
似た様な質感のクリームならどれもそうですが、
カラカラの肌に脂膜を張ってるだけとは違い、
酷い乾燥を感じた時の応急処置用としても使いやすいです。

さてこのボラージクリーム、何かと万能とはどういう事かと言うと、
顔体にこれ1本でも保湿出来るよ(顔にはちょっと足りない)という他に、
とりあえず治療薬に頼るまでもない不調なら何とかなりやすい感じ。

自分の場合、何だか不調という時や治療薬に頼るほどでもない軽い皮膚炎なら悪化せず、
気付いたら肌荒れが気にならなくなったり、
普段のコンディションに整えてくれる効果を感じます。
(それなのに保湿対策では擬似セラミド優先でキュレル買いがち)
そしてニキビに対しても、治療薬が効かなかったニキビ(かなり昔)が
これとVC系オールインワンで落ち着いて再発しなかった経験をしています。

当時苦労したニキビの最大の原因はストレスと乾燥だったんですが、
乾燥が原因だと気付かないまま、
治療薬とニキビ用基礎を使ってエンドレスニキビ悪化ライフを送ってました。
もう治療薬使い続けるのも新しい基礎探すのも嫌だ!疲れた!と
疲弊した末に「どうせ何使ってもダメなら何でもいい」心境で
ボラージとオールインワンの2品に変えたら凄い早さで治って行きました。
1週間くらいで全ニキビが沈静化して2週間目には発生がごくごく少なく。
しかも、ボラージから他のクリームにすると
じわじわ再発するサイクルでしたから、ボラージが手放せなかった。

そんな経験をしてるもので、乾燥肌的に保湿力が弱めに感じたり、
明らかに人を選ぶ香りという欠点がありつつも、
ニベア的テンションでニベア以外のクリームを探してる時には、
これも割りといいよーとお勧めしたい製品の一つになっています。
(自分はニベアだと手も顔も塗った瞬間から荒れるのでダメ)


今年は夏と秋口の乾燥性敏感肌化を免れた!と思ったら、
ズボラのせいで似たりよったりの肌荒れをまたしても発症。
そこまで酷くないので今月中か来月中には良くなると思うのですが、
洗顔に気をつけないといけないと分かっててこれ、自業自得。