揚げ鳥コーヒー

コスメの話と試行錯誤なスキンケア

揚げ鳥備忘録:グリセリンフリー品まとめ
説明:揚げ鳥備忘録について

  • 「揚げ鳥備忘録とは」
    このブログにあったグリセリンフリー品リストを独立させたウェブサイトです。
  • リンク先の揚げ鳥備忘録でもグーグルアナリティクス・グーグルアドセンスは利用していません。
  • Amazon、楽天のアフィリエイトは利用しています。詳しくは揚げ鳥備忘録のプライバシーポリシ―をご覧ください。

日々のメイクと無印Lパレット

日々のメイク周辺を楽にしたい欲が明確に高まったため、
改めて試してみて、今では便利に使っています。
(02/19追記あり

とにかく楽がしたくなった

  • 日々の小さな手間を一つでも減らしたい。0.1秒の手煩わしさを省略したい。
  • 面倒な朝のメイクこれ1品的パレットを作りたい気がする。
  • 使用頻度の高いコスメがごちゃつくのがストレス。
  • 旅行に持参する際のトラブルを考えてお手軽なもので固めたい。
  • イプサのデザイニングフェイスパレットは朝も使うと減りやすい。朝メイク用類似パレットを作りたくなった。

フリーパレット苦手でした

苦手な理由は蓋を開いた後の見た目。
他の人の物はDIYでも何でも趣味趣向が伺い知れて好きでも、
自分の物になると目線が変わってしまうから困りもの。

ツールを一緒に入れられない不便さやケースのお手入れに難が出る事よりも、
規格別のコスメが並ぶ賑やかさが落ち着かなかった。
その様、寝過ごしてワーっとなった朝が如し。
帰宅後、あぁ明日はちゃんといつも通り起きよう、遅い時間に映画見るのはもうやめよう、
そう思いながら座りたいのを我慢して掃除するあのうんざり感……。
なんて一緒にするにはオーバーだけれど、
パレットを開いた時の小さなテンション低下には幾らか通じるものがあった。

で、そんな見た目問題を解消する現実的な手段と言えば、
アーティスト系ブランド等でフリーパレット共々揃えるか、
フェイスカラーパレット、マルチパレットを買ってしまう事。
しかし、どんなに良い物でも無難色でも人気商品でも、
使いたい物でなければ使わなくなる性、シュウやMUFE等で作ったとして、
ただのコスメパズルに興じて終わるのは目に見えてる……どころか、
過去に似たことを繰り返している身、
二度ある事は三度あっても流石にn度目は理性と我慢は働かせたい、人間慣れと諦めが肝心。
となると、見た目にどうこう思っても、自分が納得行く物をフリーパレットに詰めるのが最善。
それに、お手軽な物ならば、万が一の旅行等での破損(滅多にないけれど、経験している)も怖くないし、
流行や気分での買い替えも気楽にしやすい。

価値観の刷新&便利

そんな感じでひとまず手持ちもパレットもあるのだからと詰めてみたら、
価値観が刷新されたのか何なのか、過去の難色・見た目へのこだわりどこへやら。
大幅に向上した利便性とコスメケース内のすっきりさに開眼。

正直、いつもの無難メイクなんてほぼ決まり切っているし、
たまには違う物も使いたくなるのだから1セットにしなくても良いのでは?
コスメケースを開いて選ぶのに1分もかからないでしょう?なんて思う所もありました。
けれど、頻繁に繰り返す事柄から何か一つでも省略出来た時の快適さと来たら、侮れません。
(使うコスメにすら自意識を働かせてた昔を思えば随分と変ったもの)

詰めているコスメ

現在詰めているコスメはこの5つ。全部旅行用としても使っている物。

  • KATE ヴィンテージモードアイズ BR-2
  • KATE 単色シャドウ 001(ホワイト パール)
  • KATE 単色シャドウ 014(グレージュ パール)
  • キャンメイク グロウフルールチークス 10テラコッタフルール 
  • キャンメイク ハイライター 05

KATEパレットは普段メイク用。単色はバラけているのが嫌だったので移動させました。
最近、キラキラしたい時用に1色くらいラメ単色を足そうか迷い中。

キャンメイクのハイライトはフラロッソ購入で更新になるかと思いきや、
新しい物を使いたい欲が十分に満たされてしまったため、
何だかんだと旅行用として使用するつもりでいます。

グロウフルールチークスは買い替え予定。
色を使い分けずに混ぜて使う上、思い通りの色にならずに修正する事も多いので、
多色でないチークを買う方が早かった。
(自分がグラデ系や混ぜ使い系チークを普段からあまり買わない理由が実はこれ)

オールインワンフェイスパレット作成を考え中

これだけフリーパレットが便利だとあれこれ欲が出るもの。
何気に減りの早さが気になっていたイプサのフェイスパレット類似品製作を考え始めています。

飽和する手持ちコスメとあれこれ使い分ける煩雑さや使い切れなさに辟易し、
普段のメイクは朝も化粧直しもこれ一つにしよう!と清々しい気持ちでイプサにしたのも今は昔。
ほどほど使用でも約4ヶ月で買い替えになる1.8gの柔らかチークに迷う懐事情。
(使用色の201ORパレットのOR06チークの発色がやや薄めなせいで、
普通より半~一刷け分くらい多く取るのが減る理由だと思う。
毎日朝と化粧直しできちんと使っていたら、多分3ヶ月しか持たないかも知れない。
そして数回目の買い替え時に他ブラのチーク買えば良かったと思ってしまった)
しかもチークがインテグレートグレイシィのレッド300に似てるのではと思う所もあって、
ここ最近は化粧直し専用にするのが分相応かも……なんて思いながら使っていました。
色粉物は使い切れなくて飽きるから少量がいい主張は一体何だったのか。
もっぱらプチプラコスメチェックにドラバラ行脚をしている最近です。

追記02/20:イプサOR06とインテグレートグレイシィ レッド300は違う

※追記02/19→書き直し02/20朝

最初に似てるのでは?と思った切欠は
イプサをしっかりめに塗った時の色と赤味が、
グレイシィを腕にさらっとつけた時それと雰囲気が似ていて、
もしかしてこれは類似品として使えるのでは?と感じたことにあります。
(粉自体は似ていませんが、見た目と発色、定着した後に違いが出る物もあるので)
そこで今回チークを買い替える予定なのだからとグレイシィを買って確認。
結果は結局、類似と言うには少々無理かなと思える違いを感じる事に。

自分の頬だとグレイシィの方が深みがあって素の赤味に近い印象の色、
イプサはよくよく観察すると粉の色差だけあってコーラルピンク寄り。
正面からだとそこまで違いないかも?と思えましたが、
色んな角度で見てみると何だかんだと差がちらほら見え隠れする感じ。

購入後メイク2回の現時点では実感も乏しくて説明し難いので、
いずれまた追記したり書き直したりするかもしれません。