揚げ鳥コーヒー

コスメの話と試行錯誤なスキンケア

揚げ鳥備忘録:グリセリンフリー品まとめ
説明:揚げ鳥備忘録について

  • 「揚げ鳥備忘録とは」
    このブログにあったグリセリンフリー品リストを独立させたウェブサイトです。
  • リンク先の揚げ鳥備忘録でもグーグルアナリティクス・グーグルアドセンスは利用していません。
  • Amazon、楽天のアフィリエイトは利用しています。詳しくは揚げ鳥備忘録のプライバシーポリシ―をご覧ください。

日々のメイクと無印Lパレット2 オールインワンパレット完成

オールインワンフェイスパレット作成したよ話。

既にあるシャドウとハイライト以外の2品、
チークとシェーディングを買って完成させました。
なお、マスク生活の影響で出番は少ない。

前回記事はこちら。
agedori-coffee.hateblo.jp

選んだ物・完成形

  • KATE ヴィンテージモードアイズ BR-2
  • KATE 単色シャドウ 001(ホワイト パール)
  • KATE 単色シャドウ 014(グレージュ パール)
  • キャンメイク ハイライター 05
  • (購入分)セザンヌ ミックスカラーチーク20(シェーディング)
  • (購入分)インテグレートグレイシィ チークカラー レッド300

色数の少なさはメイクの制服化の様なもの。
毎日、色を選んだり迷う手間をなくして楽するのが目的。
楽しみたい時は手持ちから色々使っています。

感想

  • 使う物が決まっているから都度思考しないで済んで気楽。
  • 蓋を開いたら流れ作業でメイクが完了する。
  • 使う色数分のコスメの移動や蓋の開閉が無くなって快適。
  • コスメケース内がごちゃつかなくて気分が良い。
    小さいコスメ特有のケースの重なりや倒れと無縁に。掃除・整理が楽。見た目もスッキリして良い。

パレット開いたらもうメイクが半分終わったも同然で、
体感は10分短縮くらいの(実際は多く見ても3分くらいでしょう)楽さです。

購入品 セザンヌ ミックスカラーチーク20

シェーディング。面倒な時は省略してますが、あればあったで良いので購入。

比較したのは以下の4種6品。

  • キャンメイク シェーディングパウダー 3種(赤味が全部強い)
  • セザンヌ フェース コントロールカラー 04マットブラウン(赤味が強い)
  • インテグレート フォルミングチークス BR301
  • マジョマジョ フォルムリメイカ

セザンヌ以外で良かったのがフォルミングチークスとフォルムリメイカー。
いずれも赤味が強くなく、自然で使いやすい色です。

セザンヌは赤味が強くない事に加え、
単色でも混ぜ使いでも色の偏りが起こり難くそうだった事と、
今回意識していた予算的にも丁度良かった事から決定。

フェイスカラーの予算は、自分的にイプサのチーク抜き版ジェネリック品認識な
マキアージュムードヴェールシルキー(公式へ)を参考にしています。
プチプラで揃えるからにはシャドウ以外を揃えて下回っておきたいところ。

イプサと似ていた左上

購入後、イプサのパーフェクティングカラーBE01に色が似ていると気付きました。

  • セザンヌがほんの少しだけベージュがかっている。
  • パールセザンヌが薄っすら、ほんの少しだけ強め。悪目立ちはしない。
  • ラメ:イプサはごく少量(至近距離にならないと分からない)配合。セザンヌは無し。
  • 粉質:いずれもしっとり系。イプサの方がよりパウダリーですすっと広がる。

ポイント使いならば、概ねイプサと同じ様に扱えます。
フェイスパウダーとして全顔に使う場合は不明。
イプサは急場しのぎにフェイスパウダーとして「も」全顔使用できるとの事ですが、
そういう使い方はしていなかったので比較不可。
化粧持ちと崩れ方はマスク生活のため、いまいち不明。

もしパーフェクティングカラーの様に扱える物をプチプラから単体で探すなら、
単色マットシャドウのアイボリー(例えばKATEだとマット046)や
明るいベージュ系を当たるとそれらしいのが得られるのではないかと思う。

購入品 インテグレートグレイシィ チークカラー レッド300

  • 発色良好(チークブラシで軽くふわっとつけて丁度)
  • 黄味混じりレッド
  • 少量のラメ・パール入り

イプサチークに似ているのでは?という疑問を解消するために購入。
結果はいまいち似ていませんでしたが、
血色の透明フィルターがかかる様な仕上がりで気に入っています。

グレイシィ以外から選ぶならちふれセザンヌキャンメイク
特にちふれチーク(実は綾花の色物も良いですよ)が侮れなくて、
色数が少ないものの、発色や色持ちも良く、不満なく使えます。
最近の色物リニュですりガラス風のパケになったのも可愛い(RMKのパケも好きだった)と思う。

ついでに一推しメディアのチーク

www.kanebo-cosmetics.jp
柔らかい粉質(粉まみれになる)が無印ケースに不向きですが、
プチプラでクオリティの高いチークを買うなら、
千円台のプチプラ含めてもメディア派です。

実はチーク以外にハイライト(チークのWT01番)も凄く良くて、
ルーセント寄り(ほんのり白さはある)の透明ツヤが出ます。
ホワイト1色展開のせいで自分には合わないのでは?と避ける方もいるかもしれませんが、
標準色~少し暗めな黄味ファンデを使っている自分でも浮かないくらいには自然です。
ラメ・パールもごく自然で、毛穴(自分はかなり大きい)も悪目立ちしません。
上品で霞みがかった様な透明感を求める方にお勧めです。

一応金皿はキャンメイクのチークと横幅ならほぼ一緒のはず。
キャンメイクの方が1ミリくらい小さいかも)